闇の狩人 下2021/02/20



「闇の狩人 下」 池波 正太郎・著 角川文庫
記憶喪失の浪人・谷川弥太郎は、盗賊の小頭・弥平次に助けられるが、数年後に再会後も、執拗に命を狙われている。弥太郎の秘められた過去に近づいていく弥平次。一方、弥太郎は、恩人である弥平次に向けられた魔の手に対し、自らの撃剣をふるう。互いに信頼を寄せ合いながら危地をくぐり抜けていく……。
盗賊の跡目争い、御家騒動、香具師の縄張り争い、絡み合っています。江戸ノワール(暗黒街)ものという感じがしました。時代や設定を変えて、現代の映画にもできそうです。イタリアンマフィアや、韓国ノワールにしても良いと思います。
記憶喪失の侍は、前に読んでいた「立場茶屋おりきシリーズ」にも出てきたので、ちょっとイメージが重なってしまいました。思い出さない方が良い過去がだいたいあります。結末は違っていましたが、最後まで読むと弥太郎の記憶を失う前のことがわかりました。
弥平次と弥太郎は、年齢も離れているので、友情というより、師弟のような間柄でしょうか。お互いを思いやっています。弥平次が盗賊ながら、お金の余っているところからしか盗らず、押し入っても殺傷しないという考え方なので、良い人に思えてきます。先代亡き後に、自分は後を継ぐつもりもないのに、後目を争う者同士が対立し、弥平次も命を狙われるようになります。
弥太郎の剣術のみごとさや、絆、恋愛、ミステリーなど、いろいろ盛りだくさんで楽しめました。