マーメイド・イン・パリ2021/02/14



「マーメイド・イン・パリ」 新宿ピカデリー
バーでパフォーマーとして働くガスパール(ニコラ・ディヴァシェル)は、ある夜、傷を負い倒れていた人魚ルラ(マリリン・リマ)を見つける。美しい歌声で男たちを魅了し、恋に落ちた男の命を奪っていたルラは、ガスパールの命も奪おうとする。しかし、過去の失恋により恋する感情をなくしてしまったガスパールには、ルラの歌声がまったく効果がなかった。2人は次第に惹かれ合っていくが、ルラは2日目の朝日が昇る前に海に帰らなければ、命を落としてしまうという。
人魚姫や、映画「スプラッシュ」を想像すると、ちょっと違うのです。ギリシャ神話のセイレーンなのです。歌で男を惑わして、殺してしまう。ルラに恋をしなかったガスパールは、死ななかったのです。しかし、好きになると危険になるのです。ロッシ・デパルマ演じるのは隣りのおせっかいなおばさんと思ったら、結構活躍してくれました。ロッシの部屋のお風呂が可愛かったです。オシャレなファンタジーでしたが、ちょっと眠くなってしまいました。ボヤが起きたあたりの記憶が曖昧です。ルラの秘密を知り、追いかける医師が、ロマーヌ・ボーランジェで、ガスパールのお父さんが、チェッキー・カリョだったのか。パリの街がステキでした。バトームーシュのようなサイズの船が、レストランバーでした。フラワーバーガーと言う店の名前が、不思議でした。

★★★☆☆ 3+


ステッカーとお風呂に浮かべるアヒルを来場時にいただきました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック