闇の狩人 上2021/02/11



「闇の狩人 下」 池波 正太郎・著 角川文庫
盗賊の小頭、雲津の弥平次は、山奥の湯治場で、記憶を失い、命を狙われている若い浪人を助ける。名前を思い出せない若者に、弥平次が谷川弥太郎と名付ける。弥太郎は、凄まじい剣の腕を持っていた。時を経て江戸で再会した二人だが、弥太郎は人を殺める仕掛人になっていた。身を案じる弥平次だが、彼も盗賊の跡目争いに巻き込まれている……。
池波正太郎の本は、これまでエッセイ1冊しか読んでなかったのですが、面白いです。こちらは庶民の話ではなく、切った張ったの世界です。命を狙われて、ずっと緊張感があります。その中でも、良い人、信頼できる人との、繋がりの大切です。闘いや駆け引き、支える女たち、謎を追うミステリー、盛りだくさんです。人間関係も絡み合っています。楽しみに下巻を読みます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック