ハッピー・バースデー 家族のいる時間2021/01/28


ハッピー・バースデー 家族のいる時間

「ハッピー・バースデー 家族のいる時間」 YEBISU GARDEN CINEMA
フランス南西部の邸宅で夫や孫と暮らしているアンドレア(トリーヌ・ドヌーヴ)。彼女の70歳の誕生日を祝うため、しっかり者の長男ヴァンサン(監督のセドリック・カーン)と妻と2人の息子、そして映画監督を目指す次男ロマン(ヴァンサン・マケーニュ)が恋人を連れてやって来る。楽しい宴が始まる中、3年前に姿を消した長女クレール(エマニュエル・ベルコ)が帰って来る。アンドレアは娘を温かく迎え入れるが、他の家族は戸惑いを隠しきれない。情緒不安定なクレールは家族の秘密や問題をさらけ出し、彼らの間に大きな火種を生んでしまう。
まずは、日本人からはすごく羨ましいような、広い庭がある家で、良いなぁと思いました。かなり広くて、木がいっぱいあり、子どもの秘密基地も作れます。家も大きいです。この映画のポスターの写真からして、みんなでなごやかに外で食事している風景で、ステキって思うのですが、内容はそうは問屋はおろさないのです。
長男はしっかりした奥さんもいて良さそうだけど、長女と次男は問題児でした。家族は大変だけど、やっぱり良いものだというお話を想像しますけど、そうでもなかったです。まぁ、いろいろと過去からの問題もあるようでしたが、長女のクレールが、周りを振り回します。次男もしょうもないところがあります。小津安二郎監督を尊敬しているのだろうセリフがあります。
先日見た韓国映画の「チャンシルさんには福が多いね」でも、主人公がファンでしたし、小津安二郎監督は、すごいなぁと思いました。

★★★☆☆ 3-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック