幸せのかたち 立場茶屋おりき242021/01/28



「幸せのかたち 立場茶屋おりき」 今井 絵美子・著 ハルキ文庫
参勤交代で席の暖まる暇もなかった品川宿の「立場茶屋おりき」に、ようやく日常が戻ってきた。亀蔵親分の家では、浅蜊売りがやってきて、店の前で倒れてしまう。まだ若い男の人だが、いきがかりじょう医者にみせると、重病だとわかる……。シリーズ第24弾。
知らない人だけど、面倒をみてあげます。亀蔵親分の家は義妹が夫婦で、八文屋という庶民的な料理屋をやっているのですが、そこで働く家族のような存在のおさわは、料理が上手い上に、情が深いのです。倒れた十三のかわいそうな生い立ちを知り、余計に同情してしまいます。十三には良かったけど、悲しい別れが待っています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック