一流の客 立場茶屋おりき222021/01/24



「一流の客 立場茶屋おりき」 今井 絵美子・著 ハルキ文庫
芸者の幾富士が、呉服屋「京藤」たっての希望で、身体の不自由な京藤の一人息子・伊織の世話をするようになって早8ヶ月近く。白金の寮で、可憐な花たちに囲まれておだやかな日々を過ごす2人のもとに、ある日、伊織の母・芳野が訪ねて来た……。
シリーズ第22弾。 良かったこともあり、残念な出来事も多々ありました。お互いに慕いあっている相手と、夫婦になるのかどうか、女将のおりきも良い年齢になっているので心配ですが、結論が出たように思います。気持ちはわかるけど、納得できない気もしました。
前の話の説明が、長文になっていて、もう一度読んでいるように思われてなりません。もう少し省略して書いてほしいというのが、目立ってきました。もう残り少ないので、なるべく一気に読んでしまおうと思っています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック