43年後のアイ・ラヴ・ユー2021/01/17


43年後のアイ・ラヴ・ユー

「43年後のアイ・ラヴ・ユー」 角川シネマ有楽町
妻に先立たれ、ひとり気ままな老後生活を送っていた70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、昔の恋人で人気舞台女優だったリリィ(カロリーヌ・シロル)がアルツハイマーのため介護施設に入ったことを知る。もう一度リリィに会いたいと考えたクロードは、自身もアルツハイマーのフリをして同じ施設に入居するという大胆な計画を実行。リリィと再会を果たすことに成功するが、リリィの記憶からクロードの存在はきれいに失われていた。そんなリリィに対し、クロードは毎日のように2人の思い出を語って聞かせる。そしてある日、かつてリリィが演じたこともあるシェイクスピアの「冬物語」を施設で観劇することなり、クロードは孫娘と一緒にある作戦を立てる。
アルツハイマーといっても、リリィはいつもきれいにオシャレしていて、美しいです。ファッションが明るくて、アクセサリーもちゃんとしていて素敵でした。上映時間89分という短めの映画で、あっさりとしていますが、爽やかな印象が残りました。クロードの娘の婿が、嫌な奴なので、一泡吹かせて欲しい気もしました。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック