ルクス・エテルナ 永遠の光2021/01/15


ルクス・エテルナ 永遠の光

「ルクス・エテルナ 永遠の光」 シネマート新宿
魔女狩りを題材にした映画の撮影現場。女優(シャルロット・ゲンズブール)、監督(ベアトリス・ダル)、プロデューサー、それぞれの思惑や執着が入り乱れ、現場は収拾のつかないカオスな状態に陥っていく。
51分という短い映画です。シャルロット・ゲンズブールと「ベティ・ブルー」のベアトリス・ダルの共演です。久しぶりにベアトリス・ダルを見ました。
評価が分かれる作品だと思います。本当にカオス状態で、目がチカチカしてきます。51分でも長いと感じるかも。
フランスの鬼才ギャスパー・ノエ監督、前作の「CLIMAX クライマックス」の方が、私は好みでした。でも、この監督が次はどんなのを見せてくれるのかと、常に気になります。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック