ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒2020/11/16


ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒

「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」 バルト9
「KUBO クボ 二本の弦の秘密」や「コララインとボタンの魔女」のアメーションスタジオのライカが手がけたストップモーションアニメ。「神話と怪獣研究の第一人者」を自称するライオネル卿(声:ヒュー・ジャックマン)は、伝説の生き物を発見して自らの才能を世に示そうと旅に出る。その途上で、人類の遠い祖先である生きた化石=ミッシング・リンク(声:ザック・ガリフィアナキス)と遭遇したライオネル卿は、種族で唯一の生き残りだというミッシング・リンクの親族を探すため、伝説のシャングリラを目指すことになるが……。
ストップモーションアニメはすばらしく、なめらかで映像もきれいです。話は、ライオネル卿の気持ちの変化していくところなど、あんまり説得力がないし、全体的に深い感動はないのですが、軽めのキャラクターで、気楽に見れるし、世界を旅するアドベンチャーという感じで良かったです。声を担当しているヒュー・ジャックマンにちょっと似ている主人公でした。女性の役はゾーイ・サルタナが担当。外見はサルマ・ハエックっぽかったです。

★★★☆☆ 3+


公開初日に行ったのですが、来場者特典でポストカードを貰えて、嬉しかったです。平日の夜に行ったので、バルト9の夕方割りで鑑賞できました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック