秋の蝶 立場茶屋おりき32020/11/17


秋の蝶 立場茶屋おりき

「秋の蝶 立場茶屋おりき」 今井 絵美子・著 ハルキ文庫
陰間専門の子供屋から助けだされた三吉は、双子の妹おきち、おりきを始めとする立場茶屋の人々の愛情に支えられ、心に深く刻みつけられた疵も次第に癒えつつあった。そんな折、品川宿で“産女”騒動が持ち上がった。太郎ヶ池に夜遅く、白布にくるまれた赤児を抱えた浴衣姿の女が、出現するという……。
シリーズ第3弾。だんだん登場人物が増えてきて、混乱してきています。立場茶屋は茶屋と旅籠をやっているので、働いている人が多いのです。女の人の名前がみんな「お」を付けているので、おりき、おまき、おうめ、おきち、おさん等、ひらがなだし、似てきてしまいます。この時代は、そう言う名前や呼び方が多いのでしょうがないのかなぁ。哀愁ある内容と、思い通りにならない事が次々と起きています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック