きらめくジャンクフード2020/10/29


きらめくジャンクフード

「きらめくジャンクフード」 野中 柊・著 文春文庫
理想のシチュエーションは、お肉屋さんで買ったコロッケを夕暮れ時に川辺の土手に坐って、柴犬のポチと一緒に仲良く一個ずつ堪能すること―。ハンバーガーやポップコーン、アップルパイからあんみつ、たこやきまで、人生になくてはならない「美味しくて楽しい」もの48種を厳選したエッセイ集。幸せの味を召し上がれ。
ジャンクなものだけではないですが、いろいろな食べ物に関するエッセイでした。どれも懐かしく、みんなが知っている料理がほとんどです。
子どもの時によく食べたもので、近頃は食べる機会が減ったものもあるし、今でも大好きで、よく食べているものもあります。最近食べてないと思ったら、食べたくなります。アメリカに住んでいた事がある著者だから、アメリカの話や、旅行の話もありました。わかりやすくて、お腹がすいてきそうな、文章です。添えられているイラストが、かわいくて良かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック