黄昏に眠る秋2020/10/20


黄昏に眠る秋

「黄昏に眠る秋」 ヨハン・テリオン・著(三角 和代・訳) ハヤカワミステリ文庫
霧に包まれたエーランド島で、幼い少年が行方不明になった。それから20数年後の秋、少年が事件当時に履いていた靴が、祖父の元船長イェルロフのもとに突然送られてくる。イェルロフは、自責の念を抱いて生きてきた次女で少年の母のユリアとともに、ふたたび孫を探しはじめる。長年の悲しみに正面から向き合おうと決めた二人を待つ真実とは?
エーランド島はバルト海にあるスウェーデン領の島、夏は観光客が来るものの、イェルロフやユリアの住んでいたあたりは、荒涼とした人の少ない場所のようです。その自然豊かな様子と、ミステリアスな内容が、面白かったです。
あまり明るくはないです。子どもが行方不明のまま20年以上、その子どもの母も祖父も、亡くなった祖母も、後悔をかかえています。あの時、目を離さなければと。事故か誘拐か、なぜ今頃になって、靴(サンダル)が送られてきたのか、体も不自由になって、ホームで暮らしているイェルロフが、調べていきます。
ユリアは、嘆き悲しみ続けていて、それほど調査に協力するわけではありませんが、なんとか立ち直ろうとしています。犯人と思われる人の、過去のシーンと現代のシーンが順番に語られます。映画にしたら良さそうです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック