82年生まれ、キム・ジヨン2020/10/11


82年生まれ、キム・ジヨン

「82年生まれ、キム・ジヨン」
結婚・出産を機に仕事を辞め、育児と家事に追われるジヨン(チョン・ユミ)は、母として妻として生活を続ける中で、時に閉じ込められているような感覚におそわれるようになる。単に疲れているだけと自分に言い聞かせてきたジヨンだったが、ある日から、まるで他人が乗り移ったような言動をするようになってしまう。そして、ジヨンにはその時の記憶はすっぽりと抜け落ちていた。そんな心が壊れてしまった妻を前に、夫のデヒョン(コン・ユ)は真実を告げられずに精神科医に相談に行くが……。
原作を読んでいたので、興味ありました。日本と韓国は、女性の立場には、似ているところがあります。特に会社ではガラスの天井があって、全ての会社ではないけど、男性のように出世ができないのが、ほとんどです。内閣にも女性閣僚は2人くらいだし、それだって対外的に入れているような感じです。しかし主人公は、82年生まれと言えば、それほど昔ではないのに、韓国はもっと男性が大切にされています。あからさまに、跡継ぎは男の子と言っています。真面目なジヨンは、良い嫁になるように、一所懸命尽くしています。目に見えないストレスやプレッシャーが、のしかかっています。まるで別人格が憑依したようになるのです。それが1人ではなく、いろいろな人で、亡くなっている人なんです。まさに憑依という感じがします。そして、ジヨンの過去の出来事が語られ、ジヨンがどのように育ってきたのか、わかります。ジヨンの実家は、ホッとできる場所で、特に母や姉弟は心配してくれます。夫は優しい人のようですが、ジヨンの問題は解決するのが難しいです。観ていても辛い事が多いのですが、共感できる事が多かったです。原作を思い出しながら楽しめました。

★★★★☆  4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック