フェアウェル2020/10/04


フェアウェル

「フェアウェル」 TOHOシネマズ日比谷
ニューヨークに暮らすビリー(オークワフィナ)は、中国にいる祖母が末期がんだと知らされる。この事態に、アメリカや日本など世界各国で暮らしていた家族が帰郷し、親戚一同が久しぶりに顔をそろえる。アメリカ育ちのビリーは、大好きなおばあちゃんが残り少ない人生を後悔なく過ごせるよう、病状を本人に打ち明けるべきだと主張するが、親戚たちはビリーの意見に反対する。中国では助からない病は本人に告げないという伝統がある。ビリーと意見が分かれてしまうが……。
中国で生まれアメリカで育ったルル・ワン監督が自身の体験に基づき描いた物語だそうです。病気の告知については、国によって違うし、いろいろな考え方があります。日本はアメリカよりは中国に近いのかもしれません。主役のオークワフィナは、良かったけど、短い映画ながら、長く感じてしまいました。悪いわけではないけど、あまり話が進まないです。期待や予想とも違う展開でした。親戚が集まる口実で結婚式があるけど、それもちょっと長かったです。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック