TENET テネット2020/09/21


TENET

「TENET テネット」 TOHOシネマズ日比谷
「現在から未来に進む“時間のルール”から脱出する」というミッションを課せられた主人公(ジョン・デビッド・ワシントン)が、第3次世界大戦に伴う人類滅亡の危機に立ち向かう姿を描く。
ストーリーの説明がうまくできないし、難解なミッションで、解釈すらいろいろと取れます。自分が思っている解釈が合っているのかどうかも心もとないです。それでもクライマックスが何度もあるような、面白さなんです。
主人公には名前がありません。演じるのは「ブラック・クランズマン」主演のジョン・デビッド・ワシントン。デンゼル・ワシントンの息子です。相棒のような立場がロバート・パティンソン。彼にはニールという役名があります。主人公の要望に応えていろいろと手配してくれ、活躍もします。
そういうことだったのかと、なんとなくわかります。オープニングの劇場のシーンから、怒涛のごとく、先進的な映像を次々と見て、150分という時間があっという間に過ぎていきました。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック