羊と鋼の森2020/09/02


羊と鋼の森

「羊と鋼の森」 宮下 奈緒・著 文春文庫
高校生の時、偶然ピアノ調律師の板鳥と出会って以来、調律に魅せられた外村は、念願の調律師として働き始める。ひたすら音と向き合い、人と向き合う外村。個性豊かな先輩たちや双子の姉妹に囲まれながら、調律の森へと深く分け入っていく……。
真面目で純粋な主人公で、静謐な雰囲気があります。調理師の学校へ行って、まだ一人前にはなっていないけど、悩みながらも真摯に向き合って、成長していきます。調律師という仕事の事がよくわかる本でした。映画化しているけど、見逃しているので、残念ですが、配役を見たら、面白そうです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック