もったいないキッチン2020/08/16


もったいないキッチン

「もったいないキッチン」 シネスイッチ銀座
廃棄食材料理を届けながらヨーロッパをめぐる旅を追ったドキュメンタリー「0円キッチン」を手がけ、「食品ロスを楽しく解決!」を実践するオーストリアのジャーナリスト、ダーヴィド・グロスが日本各地をキッチンカーでめぐる様子をとらえたドキュメンタリー。
「世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄されている」という状況を変えるため、オーストリアから日本にやってきたダーヴィド。美食の国、日本の食品ロスは世界トップクラス。旅のパートナーで通訳でもあるニキとともにオリジナルキッチンカーで日本全国をめぐる旅に出たダーヴィドは、旅の道中で出会った日本人シェフたちとともに捨てられる運命にある食べ物をおいしい料理に生まれ変わらせる「もったいないキッチン」を日本各地でオープンさせる。
食品ロスの問題を提起しつつ、楽しく解決策を考えさせます。
食品リサイクル工場へ行ったり、風評被害もある福島にも。野草を上手に料理するおばあちゃんなど、たくさんの人と出会って、みんなでおいしい料理を作って食べるという映画でした。でも昆虫食を食べる若者グループにはびっくりしました。ちょっと抵抗がありました。映画を見ると食品ロスの事を考えさせられます。コンビニエンスストアでは、いつでも商品がぎっしりあって、売り切れになっていることは少ないです。その為には多くの発注があって、食品を処分する数も増えているのです。消費期限が過ぎたものを、売ることもあげることも、値引き販売することもできません。そういうことがロスを増やしているのだと思います。食べるものにも困っている人もいるのになぁと思います。豚の餌としてリサイクルされているのも多いですが、便利さの影で、無駄が生じているのかなと思います。自分にできることは、まずは自分の家の食料は、捨てないで食べ切るようにする事です。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック