ブリット=マリーの幸せなひとりだち2020/07/29


ブリット=マリーの幸せなひとりだち

「ブリット=マリーの幸せなひとりだち」 YEBISU GARDEN CINEMA
結婚して40年になる専業主婦ブリット=マリー(ペルニラ・アウグスト)は、仕事で忙しい夫のために毎日食事を作り、家の中を奇麗に整えておくことが自分の役割だと信じ続けてきた。そんなある日、夫の愛人の存在を知った彼女は、これまでの生活を変えるべくスーツケースひとつで家を出る。しかし働いた経験などほとんどない63歳の彼女にまともな職は見つからず、ようやくありついたのは、小さな田舎町ボリのユースセンターの管理人兼、地域の子どもたちのサッカーチームのコーチという仕事だった。スウェーデンのヒューマンドラマ。
サッカーのルールもよく知らないご年配のおばさんをコーチとして雇ってしまうのも、どうなのかな。お国柄なのかな。掃除に関しては完璧なのに、誰もあまりほめたり、感謝したりしていない気がしました。
「WAVESウェイブス」は若者過ぎる話でしたが、こちらはちょっと年齢高めな人の話でした。内容は悪くないのですが、グズグズしているように思えました。
「幸せなひとりぼっち」と同じフレドリック・バックマン原作だそうですが、私は「幸せなひとりぼっち」の方が好きだなぁ。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック