オラファー・エリアソン ときに川は橋となる2020/07/20


オラファー・エリアソン ときに川は橋となる

「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」 東京都現代美術館
アイスランド系デンマーク人アーティスト、オラファー・エリアソンの個展です。
1967年生まれのオラファー・エリアソンは、写真、彫刻、ドローイング、インスタレーション、デザイン、建築など、多岐にわたる表現活動を展開している、世界でも注目されるアーティストです。
この展覧会では、再生可能エネルギーへの関心と気候変動への働きかけを軸に構成されています。
絵画鑑賞とは違って、体験型というか、参加できるというか、個性的な展示です。お客さんが若い人ばかりでした。現代アートだからでしょうか。
NHKの「日曜美術館」で紹介されていて、興味を持ちました。
地球温暖化への警鐘や、偶然が作り出す一瞬の芸術など、文章で説明するのは難しいのですが、とても面白かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック