チア・アップ!2020/07/13


チア・アップ!

「チア・アップ!」 シネスイッチ銀座
余生を過ごすためにシニアタウンに越してきたマーサ(ダイアン・キートン)。
若いころ、チア・リーダーになりたかったマーサは、シニアタウンで隣人になったシェリル(ジャッキー・ウィーバー)と共にチアリーディングクラブを結成することに。オーディションを開催するが、参加したのはチア未経験者どころか、腕が上がらない、膝が痛い、坐骨神経痛持ちの8人。周囲からは絶対に無理とバカにされ、笑われながらも、互いに励ましあいながら練習に打ち込んでいった。特訓を重ねた結果、チア未経験の素人たちが全米チアリーディング大会へのエントリーと進んでいく……。
初めは苦手なタイプだと思った隣人さんだったけど、いつの間にか、仲良くなっていきます。チアのクラブに参加してきた人達も、練習していくうちに、楽しくなって、結束が高まっていくようです。シェリルの孫や、若い人の協力もあって、まさかの大会出場となります。全体的にかなり強引な話のような気もします。ただおばあちゃん達が奮闘する話ではなく、チアをやりたいと思ったマーサにとっては切実な理由がありました。予告を見ると大体の内容がわかり、予想を超えなかったけど、飽きずに見れました。日本にもシニアマンションとかあるけど、さすがにアメリカのシニアタウンは、規模が大きくて、ゆったりした町でした。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック