銀河鉄道の父2020/06/29


銀河鉄道の父

「銀河鉄道の父」 門井 慶喜・著 講談社文庫
明治29年(1896年)、岩手県花巻に生まれた宮沢賢治は、昭和8年(1933年)に亡くなるまで、主に東京と花巻を行き来しながら多数の詩や童話を創作した。
賢治の生家は祖父の代から富裕な質屋であり、長男である彼は本来なら家を継ぐ立場だが、賢治は学問の道を進み、後には教師や技師として地元に貢献しながら、創作に情熱を注ぎ続けた。
地元の名士であり、熱心な浄土真宗信者でもあった賢治の父・政次郎は、いかに息子を育て上げたのか。
父の信念とは異なる信仰への目覚めや最愛の妹トシとの死別など、決して長くはないが紆余曲折に満ちた宮沢賢治の生涯を、父・政次郎の視点から描く。
「銀河鉄道の夜」や「雨ニモマケズ」など、誰もが知る詩や童話を描いた宮沢賢治ですが、どのような生涯だったのかがわかる本でした。
「永訣の詩」で妹との別れを描いていますけど、勝手にもっと小さな女の子だと思っていました。24歳で亡くなってしまう愛する妹、この2人の間には特別な絆があって、理解しあっていたのだと感じます。童話を書くようにすすめるのも妹のトシでした。
父親は思い通りにならない息子だけど、愛情があふれているのがわかります。賢治の側からも期待に応えられない葛藤があったでしょう。
生きているうちは、それほど世間に知られた人でもなかったようで、ちょっとゴッホを思い出しました。とても興味深い内容でした。
直木賞受賞作です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック