ペイン・アンド・グローリー2020/06/22



「ペイン・アンド・グローリー」 TOHOシネマズシャンテ
世界的な映画監督サルバドール(アントニオ・バンデラス)は、脊椎の痛みから生きがいを見いだせなくなり、心身ともに疲れ果てていた。引退同然の生活を送る彼は、幼少時代と母親、その頃に移り住んだバレンシアの村での出来事、マドリッドでの恋と破局など、自身の過去を回想するように。そんな彼のもとに、32年前に手がけた作品の上映依頼が届く。思わぬ再会が、心を閉ざしていたサルバドールを過去へと翻らせていく。
スペインの名匠ペドロ・アルモドバル監督の自伝的要素を織り交ぜた人間ドラマ。
アルモドバル監督とアントニオ・バンデラスはそれほど顔は似ていないけど、だんんだん監督のように見えてきました。現在の心境や、過去の思い出が交差する監督ファンには良い映画だと思います。
アントニオ・バンデラスも、若い頃の母を演じるペネロペ・クルスも、アルモドバル監督作品の常連ですし、うれしくなります。
小さい頃、スペインで洞窟の住居に住んでいたのは、貧困な人が住むようなところなのかもしれませんが、とてもおしゃれに見えました。内装を整えていくと、更に素敵でした。現在の監督の住居もとても洗練されていて、絵画がいっぱいありました。
映画の中でティーバッグの紅茶を飲むシーンが何度かあって、スペインでも紅茶をよく飲むのかなと、ちょっと意外でした。

★★★★☆ 4-  

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック