NO.6#52020/06/16


NO.6 #5

「NO.6 #5」 あさの あつこ・著 講談社文庫
NO.6の治安局員に連行された沙布を救い出すため、矯正施設の内部への潜入に成功した紫苑とネズミだったが、そこには想像を絶する地獄のような場所だった。一方で、沙布には妖しげな魔の手が刻一刻と伸び始める。
ネズミは紫苑にほとんど説明はせず、その都度、生き残るべく指示をしています。先に無用な知識を与えない方が良いのだろうか。運が良くなければ成功しないミッションだから。矯正施設は気味の悪い描写が多くて、文章だから良いけど、映像だったら嫌な気分になりそうです。NO.6の内情がわかってくると、理想の都市とは違って、恐ろしいところのようです。マインドコントロールされて、上に歯向かうことは許されない未来です。考えることをしないで、ぼんやりと生きる人も多いみたいです。反面、NO.6の外にいる人間は、人として扱わない、差別を受けています。とりあえず9巻まで、プラス1冊がその後のお話のようなので、これから話の山場に向かっていくのかな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック