NO.6#42020/06/15


NO.6#4

「NO.6 #4」 あさの あつこ・著 講談社文庫
理想都市と言われているNO.6の矯正施設に捕らわれている親友を救うため、矯正施設へ入る方法を模索する日々。中はどうなっているのか。どんな手を使っても探りだし、侵入しなくてはならない。紫苑のまっすぐな熱情にネズミ、イヌカシ、力河が動かされる。そして軍が無抵抗な人間を攻撃する「人狩り」が始まった……。
いつ、矯正施設へ行くのかと思っていたら、この巻もまだでした。主に準備をしている段階です。そして、紫苑が周囲の人々の気持ちを変えていっています。
紫苑の母の状況がわかってきて良かったです。施設に捕らわれた親友・沙布は、大丈夫なのだろうかと心配です。
「人狩り」というのが、どんなもので、目的は何なのかがまだよくわかりませんが、今後わかっていくことでしょう。登場人物が、それぞれ個性的です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック