アンティークの祝祭2020/06/12


アンティークの祝祭

「アンティークの祝祭」 シネスイッチ銀座
近頃、意識や記憶がおぼろげになることが多いクレール(カトリーヌ・ドヌーヴ)。ある夏の朝、今日が人生最期の日と確信した彼女は、長年かけて集めてきたアンティークの人形や時計、家具などのコレクションをガレージセールで処分することを決め、庭先で売り始める。貴重な品物の大安売りで、お客や見物人が集まってにぎわっていく。そんな母の奇妙な行動を耳にした娘のマリー(キアラ・マストロヤンニ)は、疎遠になっていた家に帰ってくるが……。
彼女と半生をともにしてきた骨董品が蘇らせるのは、波乱万丈な人生の記憶だった。
カトリーヌ・ドヌーヴとキアラ・マストロヤンニ、実の母娘が演じています。今は古くなってしまったど、広い庭や、大きなお屋敷で、お金持ちそうです。からくり人形や仕掛け時計、絵画など、おそらく高価な物ばかり。大きな食器棚に入っている食器類も、もっとじっくり見たい気がしました。古いからくに人形はちょっと怖いです。ずっと前に出て行ってしまった娘とのいきさつや、家族との悲しい思い出など、だんだんと浮かびあがってきます。幻想的な映画でした。
カトリーヌ・ドヌーヴがゴーカートに乗っているシーンがあって新鮮でした。最後もあまりフランス映画っぽくないような気がします。悪魔祓いとか、よくわからないところもありました。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック