糸車2020/06/04


糸車

「糸車」 宇江佐 真理・著 集英社文庫
江戸・深川の宇右衛門店で独り暮らしをするお絹36歳。3年前までは蝦夷松前藩の家老の妻だった。夫は藩内の不穏分子の手にかかり、息子の勇馬は行方不明となっている。小間物の行商で身を立てながら、息子を捜している。定廻り同心の持田、船宿の内儀おひろ、茶酌女お君など町の人々と親交を深める。それぞれの悩みに共感し、奔走するうちに、行方不明の息子と夫の死にまつわる噂を耳にする…。
お絹と周囲の人との関りが中心ですが、恋模様もあって、せつない大人のお話でした。自分の悩みもあるのに、江戸へ出て仲良くなった人たちの、問題に心を砕いていきます。行商は贔屓にしてくれる顧客も出てくるし、全ては主人公の人柄からくるものだと思います。若く純粋な娘ではなく、いろいろと苦難を知っている大人ならではの、複雑な心情が描かれていて、面白かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック