NO.6 #12020/05/30


№6#1

「NO.6 #1」 あさの あつこ・著 講談社文庫
2013年の未来都市NO.6。人類の理想を実現した街で、エリートとして育てられた紫苑は、12歳の誕生日の夜、傷を負った少年ネズミを助けたことで、運命が急転回していく。4年後に紫苑の周囲で、奇怪な事件が発生、秘密を知ることになったことで、2度と出てこれない矯正施設へ連行されそうになる。その途中で、状況を知ったネズミが救出に現れる……。
作者のあさのあつこさんといえば少年野球の話「バッテリー」や、時代小説のイメージが強かったのですが、こちらはSF小説で意外でした。全9巻まであるので、まだほんのさわりの部分ですが、面白かったです。次はどうなるのかと、ついついページをめくってしまいます。知らなかったですが、アニメにもなっていたそうです。街並みやファッションなど、アニメで見たら、わかりやすいかもしれないです。