人質カノン2020/05/28


人質カノン

「人質カノン」 宮部 みゆき・著 文春文庫
深夜に立ち寄ったコンビニで、ピストル強盗に遭遇。犯人はなぜか赤ちゃんのガラガラを落として逃走。すぐに容疑者が浮かび上がってくるも、疑問を感じる……。
7編の短編集。都会の片隅で起こるちょっとした事件や、人間模様。いじめの話もあって、ちょっと暗めですが、読みやすくて、通勤電車で読むにはプッタリでした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック