落花は枝に還らずとも 会津藩士・秋月悌次郎 下2020/05/21



「落花は枝に還らずとも 会津藩士・秋月悌次郎 下」 中村 彰彦・著
中公文庫
会津藩を救うため、秋月悌次郎は左遷の地より復帰、戊辰戦争の苦難が始まった…。
主人公はそれほど表舞台には立っていないのかもしれませんが、時代に翻弄されて、数々の苦難を乗り越えていることがわかります。出世や陰謀とは無縁で、懸命に生きるサムライの生涯が描かれていました。真面目で、温かい人柄です。
敗戦の儀式や、藩を救うための奔走で、功労者です。後年にはラフカディオ・ハーンと交流があり、神のような人と評されています。
難しい内容でしたが、時代が大きく変わっている時に、こういうことがあったのかと思いました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック