在りし日の歌2020/04/10


在りし日の歌

「在りし日の歌」 角川シネマ有楽町
中国の地方都市の工場で働くヤオジュン(ワン・ジンチュン)とリーユン(ヨン・メイ)夫婦は、ひとり息子シンシンとともに、幸せに暮らしていた。1980年代は一人っ子政策で子どもは1人しか持てない。大切な息子シンシンが、亡くなってしまい、悲しみに暮れるふたりは、住み慣れた町を離れ、親しかった友人たちとも距離を置いて、知らない町へ移り住む……。
約30年、変わりゆく中国、支えあいながら、時を重ねていく夫婦の叙事詩。
185分の長い映画でした。時代があっちこっちにいって、過去の出来事がだんだんわかってきました。時代が変わり、年齢も変わるのだけど、ふけメイクが、自然でした。いろいろなことが起こりました。大きな苦難に打ちのめされても、それでも人生は続いていくという、苦しいながらも、感動がありました。
マントウが、美味しそうでした。水餃子も良かったなぁ。食卓の風景が多かったです。一人っ子政策って、そんなに前のことではないけど、厳しいです。
「蛍の光」の曲が使われています。もともとはスコットランド民謡、中国でも日本とは違う歌詞で歌われているのですね。友情や再会があり、再生の物語だと思いました。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック