恐竜が教えてくれたこと2020/03/25


恐竜が教えてくれたこと

「恐竜が教えてくれたこと」 シネスイッチ銀座
11歳のサム(ソンニ・ファンウッテレン)は、地球最後の恐竜の気持ちを考えたり、家族が死んだ後は、自分は1人になってしまうから、慣れておいた方が良いなどと考えるちょっと哲学的な子ども。家族でバカンスを過ごすために訪れている島で、テス(ヨセフィーン・アレンセン)という少女と出会い、彼女の秘密の計画に協力することに……。


誰もいない浜辺などがあって、のどかで、素敵な場所です。潮の香りが匂ってきそうです。ボーイミーツガールものですが、サムもテス魅力的だし、ハートウォーミングな良い話でした。オランダの映画というのは久しぶりです。
陽気なお父さんが中心のサムの家族や、テスの家族の秘密など、ドタバタがあって、成長し成長し、考え方が変わっていきます。ほっこりできました。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック