ジョン・F・ドノヴァンの死と生2020/03/19



「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」 TOHOシネマズ日本橋
2006年、ニューヨーク。人気俳優のジョン・F・ドノヴァン(キット・ハリントン)が29歳の若さでこの世を去る。自殺か事故か、あるいは事件か、謎に包まれた死の真相について、鍵を握っていたのはジョンと文通していた11歳の少年ルパート・ターナー(ジェイコブ・トレンブレイ)だった。10年後、俳優となったルパートは、本を出版、著名なジャーナリストの取材を受けて、すべてを明らかにすると宣言するのだが……。
「Mommy マミー」「たかが世界の終わり」などで高い評価を得ているカナダ出身のグザヴィエ・ドランが、初めて挑んだ英語作品。
ナタリー・ポートマン、スーザン・サランドン、キャシー・ベイツ、マイケル・ガンボンが出演していて、なにげに豪華出演陣。
映像も音楽も出演者もとにかくカッコイイです。セクシャルマイノリティがゆえに、思い悩み周囲との摩擦や、母子の関係。特にグザヴィエ・ドラン監督作品では、母とのことがテーマになっていることが多いです。
この映画も、ジョンとスーザン・サランドン演じる母のこと、ルパートとナタリー・ポートマン演じる母とのことが、複雑に描かれています。もちろん愛情を持っているのだけど、思春期や環境の変化などもあり、ぶつかってしまうこともあります。
ルパートが大きくなって出版した本が、どのような本なのか、実際にジョンの死の真相はどうだったのかとか、自分なりの答えはあるけど、ちょっとモヤモヤしました。解釈が合っているのだろうかと。
それにしてもジェイコブ・トレンブレイ君、「ルーム」「ワンダー君は太陽」などで、見てきたけど、本当に名優です。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック