ダンスシューズが死を招く2020/03/18


ダンスシューズが死を招く

「ダンスシューズが死を招く」 メアリ・H・クラーク 新潮文庫
右足にダンスシューズ、左足はブーツという奇妙な死体が発見された。15年前にも同様の事件があり、犯人は捕まっていない。一方、TVプロデューサーのノーナは、デート相手を募集する個人広告の実態を探る番組を企画し、友人のエリンとダーシーに頼んで個人広告に申し込んでもらっていた。彼女たちは様々な相手と時を過し、結果を報告しあうが、宝飾デザイナーのエリンが姿を消してしまう…。
たくさんの登場人物が出てくるので、初めはゴチャゴチャしましたけど、だんだんわかってきて、誰が怪しいかと思いながら読みました。いかにも怪しい人は違うので、予想通りでしたけど、楽しく読めました。
いつも美しい人が出てきて、ロマンスとサスペンスが絡み合っています。裕福な人が必ず出てきますし、だいたいおしゃれです。おそらく作者がおしゃれな方なんだろうなぁと思います。
今年(2020年)の1月31日に、作者のメアリ・ヒギンズ・クラークがお亡くなりなりました。
たくさんの本を書いて、多くの人が楽しんだと思います。私も結構読んだつもりですが、まだ読んでいない本を、これから大事に読んでいきます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック