プレーム兄貴、王になる2020/03/11


プレーム兄貴、王になる

「プレーム兄貴、王になる」 新宿ピカデリー
面倒見が良くて曲がったことが大嫌いな下町の貧乏役者プレーム(サルマーン・カーン)の願いは、憧れのマイティリー王女(ソーナム・カプール)に会うこと。
ヴィジャイ王子の王位継承式が近づき、婚約者の王女を一目会おうと街へ繰り出したプレーム、その頃、王子が命を狙われ意識不明になっていた。王子に瓜二つだったプルームは、影武者を頼まれる。尊大な王子は、マイティリー王女との間に溝があり、心を開いてくれないし、後継者問題も絡んで、王子の弟妹たちとももめていた。プルームは、真っ直ぐな心で、問題を解決していく……。
「バジュランギおじさんと、小さな迷子」のサルマーン・カーンに「パッドマン 5億人の女性を救った男」のソーナム・カプールが出演して、インド映画好きな人なら、日本でも知られています。私が思うインド映画のイメージそのままで、歌って踊って、豪華絢爛、笑って、グッとくるハートウォーミングな約3時間。期待通りで、楽しかったです。こういうインド映画を見たかったという気持ちです。ソーナム・カプールとっても、美しかったです。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック