37セカンズ2020/02/29


37セカンズ

「37セカンズ」 シネスイッチ銀座
脳性麻痺のユマ(佳山明)は、母親(神野三鈴)の世話を受けながら、車椅子で生活している。友人の漫画家のゴーストライターとして仕事をしているが、自立のために、アダルト漫画を描いて編集部に持ち込むと、リアルさに欠けると言われる。
性体験をしようにも、うまくいかず、知り合った女性や介護士のおかげで、外の世界を知るようになる……。
障がいのある人の悩みや現実を描きつつ、お話は意外な方向へ。全体を見ると、とても良い話でした。気がつけば、悲しいわけでもないのに、泣けていました。
ユマは、過保護過ぎる母から自由になりたい気持ちもあるし、もちろん母親は、愛情があって、深く心配しているのがわかります。多くのことを外の世界で、知ることができて、おだやかな気持ちになっていきます。挑戦と成長の物語ですね。
ちょいちょい、ツッコミたいところもあるのですが、面白かったです。
主人公は同じ脳性麻痺の女性で、声がかわいらしく、表情が変わっていく様子が良かったです。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック