スウィング・キッズ2020/02/28


スウィング・キッズ

「スウィング・キッズ」 TOHOシネマズ錦糸町オリナス
1951年、朝鮮戦争当時、巨済島捕虜収容所に新しく赴任してきた所長は、対外的イメージアップのために戦争捕虜でダンスチームを結成するプロジェクトを計画する。収容所のトラブルメイカーであるロ・ギス(D.O.)、通訳のヤン・パンネ、民間人捕虜のカン・ビョンサム、中国人捕虜シャオパンは、前職はブロードウェイタップダンサーの黒人下士官ジャクソンの指導のもと、寄せ集めダンスチーム「スウィング・キッズ」が結成された。彼らに公演の話が舞い込むが……。
日本でもリメイクされた「サニー 永遠の仲間たち」のカン・ヒョンチョル監督。主演はK-POPグループ「EXO」のD.O.です。EXOは、知っているけど、1人1人は、よくわかっていませんでした。D.O.カッコいいし、演技も良いし、ダンスもすごかったです。何よりオーラがありました。
ダンスにかける抑えきれない情熱、友情や絆など、良かったです。
コメディっぽいところもあるけど、捕虜収容所の話だし、シビアでした。
ポップな音楽にのって、タップダンスを堪能できます。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック