キャッツ2020/01/31


キャッツ

「キャッツ」 TOHOシネマズ日比谷 字幕
人間に飼われていない猫たち。満月が輝くある夜、年に一度開かれる舞踏会に集まってくる。その日は、新しい人生を生きることを許される、たった一匹の猫が選ばれる特別な夜である……。
有名な舞台の映画化。舞台は観たことがないまま鑑賞。とにかく、歌とダンスがずっと続いていきます。猫の姿は違和感はあるものの、ちゃんと猫っぽい動きをしているし、ロンドンの中心地が背景で、縮尺が面白かったです。話はそこまで面白くはなかったけど、主人公のフランチェスカ・ヘイワード演じるヴィクトリアは、動きも優雅で顔もかわいらしかったです。
ジュディ・ディンチやイアン・マッケランなど、イギリスを代表する名優たちも出ていて、歌ってくれていました。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2020/01/27/9207114/tb