永遠のソール・ライター2020/01/21



「永遠のソール・ライター」 Bunkamura ザ・ミュージアム
2017年に日本で回顧展をやって、好評だったのか、短期間で2回目の展覧会です。
ソール・ライター(1923-2013)は、若い頃はファッション雑誌などの写真家として活躍、ニューヨークの街並の移り変わりを、ずっと撮り続けていて、今では貴重な資料のようになっています。ファッションも良いですが、クラシックな車などが、映りこんでいて、古き良きアメリカな雰囲気です。雨や雪の風景も多くて、傘がよく登場しているようにも思います。
今回の展覧会は、前回のも少し重複しているけど、日本未発表も多数です。
ソール・ライターの妹や、パートナーだったソームズ・パントリーなど。
画家を志してニューヨークへやってきたソール・ライターの絵画もありました。
とても良かったです。彼が語った言葉も、貼られていて、心に響きます。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック