天使の影2019/12/27


天使の影

「天使の影 アドリアン・イングリッシュ1」 ジョシュ・ラニヨン・著 
モノクローム・ロマンス文庫
LAでミステリ専門の書店を営みながら小説を書くアドリアン・イングリッシュの元をふたりの刑事が訪れる。従業員であり友人のロバートが惨殺されたのだ。前日レストランで口論して別れたアドリアンに、殺人課の刑事・リオーダンは疑いの目を向ける。アドリアンも調査するのだが、犯人の深い憎悪と狂気はやがてアドリアンに向かう。
シリーズ1作目です。外国の小説にしては日本のライトノベルのような味わいでした。ミステリーが中心だけど、ゲイの話でもあります。なかなか展開していかないので、遅く感じましたけど、読みやすくて良かったです。話は一段落しましたが、まだ1冊目なので、次はどうなっていくのか、気になります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック