ゴッホ展2019/12/08


ゴッホ展

「ゴッホ展」 上野の森美術館
フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)
鮮やかな色彩で後期印象派を代表する画家の一人ゴッホですが、その独自の画風を確立するまでには「ハーグ派」と「印象派」の画家たちとの出会いがありました。彼に影響を与えた画家たちの作品を交えながらゴッホの画業の変遷をたどります。

サン=レミの療養院の庭

       《サン=レミ療養院の庭》

チラシを見た時から、この絵を見たいと思っていました。実物はダイナミックなタッチで、こってりと絵具が使われています。写真で想像するものと全然違います。
クレラー=ミューラー美術館所蔵となったいたので、前に行った時に見ているのかもしれないけど、記憶がありませんでした。
他にも良い絵がいっぱいあったし、他の画家の作品も良かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック