米中開戦32019/12/06


米中開戦 3

米中開戦3」 トム・クランシ―・著 新潮文庫
サイバー空間で強大な力を誇る“センター”とは何なのか。組織なのか。人なのか。その目的は?調査する“ザ・キャンパス”のメンバーたち。そんな中、中国は一方的に南シナ海を封鎖。インドの航空母艦が海域に侵入したとたん、対艦ミサイル四発を発射……。
このシリーズは全4巻なので、3巻はクライマックスなのか、この後、もっといろいろあるのか、とにかくアクションが多かったです。緊迫した状況が続き、映画を見ているような展開でした。まだあっちこっちの出来事で、自分の中では、うまく収集できていないけど、話は盛り上がってきました。
サイバー攻撃や監視など、なんでもできてしまう時代で恐ろしいです。主要な人たちは生き残ってほしいと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック