マカン・マラン 二十三時の夜食カフェ2019/11/29


マカン・マラン 二十三時の夜食カフェ

「マカン・マラン 二十三時の夜食カフェ」 古内 一絵 中央公論社
ある町の路地裏にドラァグクイーンが営むお店がある。そこには様々な悩みをもつ人が集まってきて、美味しい料理をごちそうになって、悩みが解決されたり、癒されたりする。
都会の片隅、行くのが難しいようなカフェ、たまたまたどりつく人や、店主の幼なじみや妹分が集う店。店主は直接的なアドバイスをするわけでもないけど、ひとつひとつの言葉に重みがあって、そっと寄り添ってくれます。そして、出される美味しい料理。読んでいても食べたくなります。
こういうパターンの小説は、いくつかあるけど、こういうの大好きです。美味しいものと、頑張っている人や、悩んでいる人にそっと手をさしのべてくれるカフェ。行ってみたいものです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2019/11/29/9183041/tb