ミュシャ展 運命の女たち2019/11/27


ミュシャ展

「ミュシャ展 運命の女たち」 そごう美術館(横浜)
アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、チェコ共和国出身。19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパで起こった芸術活動アール・ヌーヴォーの旗手としても有名です。今回はミュシャに関わった女性たちを中心にしています。
幼なじみや、恋人、妻、娘など。モデルにしていることも多いです。
女優サラ・ベルナールのポスターを描いたことも有名です。
ポスター、装飾パネル、油彩画、素描、水彩画など。パリ時代を経て、祖国に捧げた晩年の作品に至るまで約150点の展示でした。
華やかな大作は少ないですが、ミュシャの生涯の流れがわかりやすかったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2019/11/27/9181839/tb