ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン2019/11/25


ラウル・デュフィ展

「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」 パナソニック汐留美術館
ラウル・デュフィ(1877-1953)、カラフルで力強いおなじみの絵柄だけではなく、デュフィらしさが確立する以前の作品もありました。更に多いのが、デュフィがデザインしたテキスタイル・デザインです。布地をいろいろデザインしていて、それで作られたドレスなどもいっぱい展示されていました。こんなにファッションに関わっていたとは知りませんでした。
ラウル・デュフィは、ヴァイオリンなど音楽的なテーマが多くて、都会で生まれ育った裕福な家の息子なのかと思っていたのですが、実際は北フランス、ノルマンディーのル・アーヴルの港街で9人の兄弟の長男で、若くして家計のために働き始め、後に奨学金を得て美術学校へ通ったのだそうです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2019/11/25/9181025/tb