CLIMAX クライマックス2019/11/11


CLIMAX クライマックス

「CLIMAX クライマックス」 ヒューマントラストシネマ渋谷
1996年のある夜、人里離れた建物に集まった22人のダンサーたち。有名振付家の呼びかけで選ばれた彼らは、アメリカ公演のための最終リハーサルをおこなっていた。激しいリハーサルを終えて、ダンサーたちの打ち上げパーティがスタートする。大きなボールに注がれたサングリアを浴びるように飲みながら、爆音で流れる音楽に身をゆだねるダンサーたち。しかし、サングリアに何者かが混入したLSDの効果により、ダンサーたちは次第にトランス状態へと堕ちていく。
フランスの鬼才ギャスパー・ノエが、ドラッグと酒でトランス状態になったダンサーたちの狂乱の一夜を描いた異色作。
冒頭近くにダンサーたちのインタビューのようなシーンがあって、その時はまだ油断して見ています。だって、ほとんどが初めて見る人ばかりだし、これからどんな内容が始まるのかわかっていないから。後になると、その時に話していた内容が、興味深いことだったと気がつきます。
そして、独創的でスタイリッシュなダンス。これがまたすごくて、音楽もテンポがよくて圧倒されます。しかし、その後の打ち上げで、様相が変わっていきます。気持ち悪いとも思うのだけど、どうなるのかと目が離せません。ちょっと怖い内容で、ホラーのようにも感じます。楽しいことはダンスのすごさ以外はないのですけど、数日たってもグルグルと思い出しています。予告映像も、繰り返し見ています。
ギャスパー・ノエ監督は中毒性があります。私が見たのは最近の3作だけなのですが、ひきこまれます。この監督でしか描かれない唯一無二の映像世界なのです。しかし、人にはすすめにくいのです。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2019/11/12/9175763/tb