エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展2019/11/01


エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展

「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展」 練馬区立美術館
アメリカの絵本作家のエドワード・ゴーリー(1925~2000)。細い線で、繊細なタッチの絵で、不思議なストーリーです。友人が前からエドワード・ゴーリーのファンだと言っていたので、知っていましたが、原画を見るのは初めてです。
絵は小さ目なので、絵ハガキが飾ってあるように思えました。
絵は美しいですし、ユーモアがあります。舞台芸術や、舞台用衣装のデザインなどもありました。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2019/11/01/9171461/tb