ジョーカー2019/10/31


ジョーカー

「ジョーカー」 TOHOシネマズ上野
「バットマン」の悪役として広く知られるジョーカーの誕生秘話。大都会で大道芸人として生きるアーサー(ホアキン・フェニックス)。しかし、コメディアンとして世界に笑顔を届けようとしていたはずのひとりの男は、やがて狂気あふれる悪へと変貌していく。
これまでジャック・ニコルソン、ヒース・レジャー、ジャレット・レトが演じてきたジョーカーですが、今回はホアキン・フェニックスが演じています。共演はロバート・デ・ニーロ。予告映像などを見ていた時から、ジョーカー役は誰なのかと思っていました。だって、いつものホアキンよりもかなりやせていて、キレキレボディになっていました。その凄みのある演技に圧倒されました。
話も、ジョーカーに変貌していく姿に、説得力があります。ちゃんと、バットマンシリーズに話もつながっていきました。笑顔がはりついたような道化師の不気味さも感じますが、本来のアーサーは心優しい人だったことを知りました。辛い現実から逃れるような、妄想が哀しかったです。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2019/10/31/9171108/tb