猫の文学館 12019/10/30


猫の文学館 1

「猫の文学館1」 和田 博文・編 ちくま文庫
大佛次郎、寺田寅彦、太宰治、内田百閒、向田邦子、村上春樹他、猫の出てくるエッセイや短編を集めたもの。村上春樹以外は、少し前の作家に思えました。
猫が好きな人には良いのかもしれませんが、ただかわいいだけじゃなくて、猫に酷いと思うような話もありました。
一番良かったのは大佛次郎のいくつかの話で、名前しか知らない作家でしたが、こういう文章を書く人だったのかと興味深かったです。「鞍馬天狗」シリーズなどを書いた人だったのですね。知っているのは横浜の港の見える丘公園に、大佛次郎記念館があったからです。大変な猫好きだったようです。
全体的に、少し昔の話やエッセイなので、家に女中さんがいるというのが多かったです。あと、当時はネズミ退治のために、猫を飼う人が多かったようです。
いろいろな作家さんのほんの短い話ばかりでした。好みなのとそうでもないのがありました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック