月とコーヒー2019/10/24


月とコーヒー

「月とコーヒー」 吉田 篤弘・著 徳間書店
喫茶店“ゴーゴリ”の甘くないケーキ。世界の果てのコインランドリーに通うトカゲ男。映写技師にサンドイッチを届ける配達人。青いインクをつくる青年。
世の中の片隅で起きている小さな出来事、時にはSFのような話もあり、どれも短かいお話で、ハッキリした結末もないのだけど、とても面白かったです。
コーヒーはよくでてきます。インクを作っている青年の話は、他の話とつながりがあるのですが、他は独立した話です。夜寝る前に1話ずつ読むのにピッタリです。静かな気持ちになって、じっくり味わえます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック