あきない世傳金と銀 72019/09/25


あきない世傳金と銀 7

「あきない世傳金と銀 7 碧流篇」 髙田 郁・著 ハルキ文庫
大坂天満の呉服商「五鈴屋」の七代目店主となった幸は、亡夫との約束でもあった江戸に念願の店を出した。大坂と江戸との違いに驚かされながらも、見聞を広げ、知恵を絞っていきます。商いを確かなものにするため、お客さんにも喜んでもらうため、何ができるか、だんだんと形になっていきました。シリーズ第7弾。
販売をする人にとっては、考え方や工夫に参考になるのではないでしょうか。
着物のことも勉強になります。どんな物を売り出すのか、実物を見てみたくなります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック